ファンレターを書くときに気をつけたら良いこと|ファンレターを韓流スターに。翻訳サービス(ハングル・ファンレター)

ファンレターを書くときに気をつけたら良いこと| ファンレターを韓流スターに。翻訳サービス(ハングル・ファンレター)

韓流スターに想いを届けたいすべての韓流ファンへ 多くの韓流ファンに喜ばれるハングルのファンレターサービス! ハングル・ファンレター

韓流ファンレター翻訳サービスTop > ハングル・ファンレターの書き方 > ファンレターの書き方 > ファンレターを書くときに気をつけたら良いこと

ファンレターを書くときに気をつけたら良いこと

ファンレターを書くときに気をつけたら良いこと

  いざファンレターを書き始めると、知らないうちにマナーに触れるような書き方になってしまうこともよくあると言われています。あなたが送ったレターは、相手の所属した事務所が内容をチェックした上で相手に渡されます。せっかく書いたレターが、相手にきちんと届いて、快く読んでもらうためにも、幾つかのマナーについて述べてみたいと思います。

 

・自分のことだけを書いてしまう(一方的に自分のことだけを書かないようにします)

・長すぎるレター(あまり長いと、忙しい相手は読みにくくなるので、便せん2枚程度に納めるのが良いと思います)

・読みにくい文字(字が小さすぎないようにして、読みやすい文字で丁寧に書くことが大事です)

・不用な個人情報(自分の名前と住所はレターに書く者なのでよいですが、電話番号、メールアドレスなどは控えた方がよいと思います)

 

 このサイト(ハングル・ファンレター・サービス)では、あなたの大切なレターを、韓流スターの立場(韓国人の立場)から見てよりよい内容となるよう、お手伝いするサービスもさせて頂いております(レターの翻訳を依頼される方)。ご希望の場合は、お問い合わせメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

このサイトについて

ハングル・ファンレターでは、韓国語(ハングル)でファンレターを書きたいい方をサポートするサイトです。

ハングルが全く分からなくても、あなたの書いた ファンレターを、最も適切なハングルに翻訳して、 あなたの想いを確実にハングルのファンレター として届けます。

有料のファンレター翻訳・添削サービスは、こちら。

ページTOPへ